住宅ローン滞納、差し押さえまでの流れ

住宅

 

分譲マンションなどの不動産を購入する場合、手持ちの自己資金で一括支払いをされる方は、おそらく少ないでしょう。

 

不動産は、高額な買いものです。金融機関から融資を受け、購入物件に抵当権などの担保をつけ、万が一支払いが滞った際には、担保物件を売却して金融機関に返済する必要があります。

 

給与所得者は、月々一定額の給与をもらって生活していますから、支払いが滞る可能性は少ないでしょう。

 

ですが、、リストラや退職、減給、ボーナスカット、または夫婦で連帯して返済していたけれど、離婚することになってしまい、夫または妻の単独名義では住宅ローンを返済できなくなってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

住宅ローンの月々の返済額が支払えなくなり、万が一、ローン返済を滞納がした場合どのようになるのでしょうか。

 

まず、1回だけ返済日に間に合わなかった程度でしたら、金融機関からの支払い督促の通知が送られてくるはずです。いきなり抵当権を実行というのは、普通は考えにくいでしょう。

 

住宅ローン滞納の流れ

 

もし、金融機関からの支払い督促に応じず、数回にわたって住宅ローンの支払いが滞るようでしたら、最終的には貸主の金融機関から抵当権を実行され、物件を差し押さえられ、競売にかけられたうえで、売却代金よりローン残高の支払いに充当されます。

 

売却価格がローン残高より高ければいいのですが、仮に売却代金よりもローン残高が多い場合は、債務者は不足分の支払いをしなければなりません。

 

また、不動産本体の滞納もそうですが、住宅ローンを支払えず滞納している方は、マンションの管理費も滞納している場合が多いでしょう。

 

マンション管理費滞納の場合も、1度くらいの滞納では督促程度で済むかもしれません。

 

しかし、滞納が数か月続いている場合は、住宅ローン滞納と同様、差し押さえなどされる可能性があります。

 

住宅ローンにしろ、マンション管理費にしろ、払えないようならば、実家の両親などを頼って、1度も滞納することないようにするのが、金融機関での信用保証のためにもよいのは間違いありません。

 

家族に借りるのが難しい場合は、銀行や消費者金融から一時的に借りるのもひとつの方法です。

 

滞納をしそうなら…、おすすめの消費者金融の記事はこちら

 

 

いずれにしても、売却代金からローン残高を支払ったうえで、余るお金があれば本人に返却されますが、強制競売の際は、売却代金は市場価格と比較すると非常に安く落札されてしまいます。

 

ですから、不動産を売却してもローン残高に足りず、最終的に自己破産しなければならない可能性も考えられます。

 

競売より高い金額で不動産を売却し、自己破産を回避する方法としては、任意売却する方法があります。

 

任意売却とは、不動産コンサルタントが本人、金融機関、買主などの間で仲介し、強制ではなく任意で売却する方法です。

 

住宅ローンやマンション管理費用を支払えなくてお困りの方は、滞納して差し押さえや競売をされる前に、信頼できる不動産コンサルタントに相談することをおすすめします。

 

任意売却するなら…

先にまとめたとおり、借金や住宅ローンの返済が滞ると、住宅を持っている場合には、まずその住宅が差し押さえられ競売に掛けられる恐れがあります。

 

しかし、競売物件の場合には非常に安い金額で買いたたかれてしまうほか、その代金も債権者に差し押さえられてしまうことが多く、多くの人が借金を抱えたまま自己破産という最悪の事態に落ちいてしまうことが多いのです。

 

そのため、住宅ローンの滞納や借金で自宅が競売に掛けられそうな場合には、任意売却で自宅を売却してしまう方が効果的です。

 

任意売却と競売の違い

 

しかし、競売の期日が迫っている中で、任意売却を行うためには、相応の知識のある業者に委託して、期日までに、効果的に売却を行うことが重要になります。

 

そのため、任意売却の業者選びは慎重に行うことが大切です。

 

おすすめの任意売却業者

 

住宅ローンの滞納による任意売却を請け負う会社として有名なところとしては、リームス、タクショウ、任意売却相談センターがあります。

 

リムース

リームスは東京を中心に活動しており、また全国的にも対応をしてくれます。

 

相談員も住宅に詳しい人材が多いのですが、地方の対応の場合には地元不動産業者に委託されるため、最後まできめ細かい対応がされないという口コミがあります。

 

地方の方は、念のため、そのあたりを直接、相談してみるのもよいかもしれません。

 

タクショウ

タクショウは、住宅に詳しい相談員がしっかりと対応してくれます。

 

大阪地域を中心に活動しており、相談員も住宅の相場や地域事情には非常に詳しいのが特長です。ただし、全国的にはまだ対応力が薄く、大阪地区に限っての活動となっています。

 

任意売却相談センター

任意売却相談センターは、全国規模で活動しており、24時間365日受付を行ってくれる点が大きな特長です。

 

リームスやタクショウが地域を中心とする活動であるのに対し、任意売却相談センターは、全国規模で専門のコンサルタントが最後まで対応してくれるうえ、弁護士への相談も無料で行うことができるのが大きな強みです。

 

競売が迫っている場合には、債権者との権利関係の調整に関して法律的な整理が必要になる場合もあり、その際には弁護士と無料で相談できることは大きなメリットとなります。

 

また、リームスやタクショウにはない、引っ越し代の前払い制度も任意売却相談センターの大きなメリットです。

 

競売が迫っている場合にはできるだけ早く住宅を売却し、引っ越してしまうことがより良い解決に繋がるものでです。

 

しかし、借金がかさんでいる場合には、その引っ越し代もままならないことも少なくありません。

 

この点についても優先的に対応してくれるので、任意売却にかかるさまざまな問題を総合的に解決してくれる会社として、任意売却相談センターは他社と比較しても、非常に頼りになる会社といえそうです。

 

住宅ローンの滞納で悩んでいる方は、一度、任意売却相談センターに問い合わせをしてみてください。