連帯保証人と、通常の保証人の違いって?

アパートの借り主のイメージ

 

賃貸契約を正式に取り交わす時には、必ず連帯保証人を立てることになっています。連帯保証人というのは、通常の保証人よりも重い責任を負う保証人です。

 

連帯保証人と保証人の違いは、連帯保証人では賃貸契約をしてその物件を借りている本人と同等の責任を負い、その責任はいかなる場合でも果たさなくてはならないところにあります。

 

賃貸契約をした本人の責任としては、第一に毎月の家賃や管理費の納入があります。もしも借り手本人が家賃を延滞してしまったら、不動産会社や大家さんは連帯保証人になっている人に滞納家賃を請求することになります。

 

この時に、普通の保証人のように「家賃滞納については、本人に言ってください」と言えないのが一番の連帯保証人と保証人の大きな違いです。

 

家賃を滞納してしまったら…

 

 

また、賃貸契約をしてそこに住んでいる人が行方不明などの事態がもしも起これば、連帯保証人は解約や退去時の義務として、借り手が負う原状回復の費用を負担して、部屋を明け渡さなくてはなりません。

 

また、借りた人が失踪したなどの事態では、物件内にある荷物を引き取って物件を明け渡し、リフォームや修繕にかかる費用を自己負担して物件を大家さんに返還するという責任も発生します。

 

 

連帯保証人の審査と手続きは…

上記のような責任を果たさなくてはならないため、入居申し込み後に行われる入居の審査では連帯保証人の収入もチェックされるなど経済力の調査が行われます。

 

気に入った物件か見つかって、借りる気持ちが固まったら最初にする手続きは入居の申し込みです。

 

入居申込書には契約する人の連絡先や勤務先、収入などと並んで連帯保証人を引き受けてくれる人の名前や収入、職業などの情報も記入するのが一般的です。

 

賃貸物件家を探すことを思い立ったら、早めに連帯保証人の依頼しておくと、その後の手続きや必要書類の送付がスムースにできます。

 

また入居申し込みの時には、連帯保証人の必要書類も用意することになっています。連帯保証人になる人には、保証人を引き受ける同意書に記名と実印を捺印してもらい、印鑑証明も添付してもらう必要があります。

 

書類へのサインは、代筆でお願いするという人がいますが、基本的には本人に書いてもらうことになります。

 

誰に依頼するのがよい?

このように賃貸契約を交わした本人と同等の重い責任を負うので、連帯保証人は親など近い親族に依頼するのが一般的です。

 

同時に、不動産会社や大家さんサイドから連帯保証人は親をはじめ親族限定と条件が付けられていることも珍しくありません。

 

しかし、借り手の年齢によっては親が高齢で年金生活をしているなどの事情も当然あり、連帯保証人を依頼できないケースが当然あります。また、どうしてもお願いできる人がいない。

 

このような場合は、家賃保証会社と契約をして保証料を納めることで連帯保証人の代行サービスを利用することも可です。

 

家賃保証会社について

 

 

その他の保証人

保証人には、連帯保証人の他にも種類があります。

 

物上保証人

物上保証人は、自分の資産を担保にして引き受ける保証人です。物上保証人は連帯保証人のように請求されたことは全て受けなければならない保証人ではありませんが、求めに応じなければ担保として自分の資産を失うことになります。

 

根保証人

根保証人というタイプの連帯保証人があります。根保承認では、契約の時に設定した保証期間の間は何度でも借入れや返済が可能です。そして、いったん連帯保証人を引き受るとその保証期間のうちは借り入れの度に連帯保証人としての責任が何度でも発生する仕組みです。