賃主と借主との信頼関係がポイント

失業や病気、事故等で収入が入らなくなり、毎月の家賃が支払えなくなってしまうという事態は、誰にでも起こりえることです。

 

家賃が払えなくなった場合は当然、大家さんや管理業者から督促の電話や手紙が届くようになりますが、心配なのは退去させるのではないか、ということですよね。

 

大家さんや管理業者のなかには、家賃を滞納し始めて数カ月で、今週中に支払わなければ退去してくれと言ったり、不在の間に玄関の鍵を交換したりするといった強硬手段に出る人もいるようです。

 

そこで、家賃が払えない場合の退去について、おおまかな流れを説明します。

 

 

komaru

家賃を滞納した場合、まずは大家さんや管理業者から電話や手紙で督促が届きます。この際、きちんと電話に出て支払えない事情や支払い計画について話をしておくことが大切です。

 

電話を無視したり、全く支払いの意思を見せなかったりすると、大家さんと借主の信頼関係が崩れてしまいます

 

こうした督促をしても滞納が続く場合、内容証明郵便を使って督促の通知が届くことが多いようです。その後、裁判所を通じて強制退去に関する通達が届き、本人がいなくても部屋の中に入るといった強制執行の日にちが伝えられます。

 

その日に裁判所や管理業者の担当者が訪れ、最終的にいつまでに荷物を全て出し、退去しなければいけないかということを伝えられます。

 

 

強制退去後も、滞納している分の家賃については支払い義務があるので、分割して支払う等、大家さんと話しあって決めておくことが必要です。

 

ただし、延滞した家賃だけでなく遅延損害金も発生してくる可能性が高いので、利率が上限を超えた高い数字ではないか、支払うべき総額はいくらになるのかをしっかり確認しなければなりません。

 

 

気になるのは、家賃が払えなくなってからいつ退去になるのかということですよね。これは家賃を滞納してからすぐ強制退去を要求出来るものではなく、何か月分滞納したらという明確な決まりがある訳でもありません。

 

裁判では、賃主と借主との信頼関係が破たんしているかどうかがポイントとなります。過去には家賃滞納3か月までは強制退去する必要はないという判決があるので、3か月以上滞納すると強制退去になる可能性もあり得ます。

 

家賃を滞納するとどうなる?はこちらの記事